映画『彼らが本気で編むときは、』を見てきました。

            
  • 2017.02.27 Monday
  • 0

       

      映画『彼らが本気で編むときは、』を見てきました。

       

      映画館で見るなんて久しぶり。

      前回は、ゴスペラーズが主題歌『氷の花』を歌った『黄色いゾウ』なので、2013年のことでしたね。

      チケットをネットで買うのも初めてだし、発券機でチケットを発券するのも初めてという浦島太郎ぶり。

      便利な世の中になったものよのう。

       

      TOHOシネマ渋谷で、公開2日目に見ちゃいましたよ。

      DSC_0817.JPG

       

      とてもとても美しい映画でした。

      リンコさんが美しくて、だから悲しくて、でも温かい気持ちになりました。

       

      編み物については、リンコさんは悲しいこと悔しいことがあると編むのです。

      トモにそう言うの。

      正確には覚えていないんだけど、編むことですごく悲しいことや悔しいことを全部チャラにするのって。

       

      私もね、編み物って、リセットする力があると思うんです。

      嫌なことを忘れたり、ごちゃごちゃの頭の中を整理したり、ストレスだったことが大したことじゃないと思えるようになったり。

      編んでいると、頭の中がスッキリしてくる。

      難しいところや気を抜けない所を編んでいると、日常のつまんないいろんなことを忘れるし、メリヤスばっかりのところを編んでいると、深ーく考え事ができてぐちゃぐちゃ考えていたことが整理される。

      と、いつも編み物をしながら思っているのです。

       

      映画の中で、とても印象に残っている言葉があります。

      トモの同級生の男子が自分の母親に向かって言う「普通ってなに?」という問いかけ。

      私たちは日常的に簡単に「普通でしょ」って言うけど、普通とはなんぞやと言葉で説明できるのかなと思うのです。

      自分が思っている「普通」って、何?

      そもそも、「普通」ってあるの?

      なんてことを考えました。

       

      久しぶりに行って、「映画館って良いなぁ」としみじみ思いました。

      ちなみに、イメージソングなのでゴスペラーズの歌は流れませんよ〜。

      (^_^;)

       

      今日もお読みいただきありがとうございます。

      よろしければ、クリックお願いします。

      にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物教室・販売へ
      にほんブログ村

       


      人気ブログランキングへ

       

      トーカイ武蔵藤沢店内で、手編み講座をやっています。

      次回は、3月8日(水)です。

      講座『手編みレッスン』の案内

      講座の日程はこちら → 3月の講座

       

      インスタグラムやってます♪

       

      主にゴスペラーズネタのブログもよろしく☆

      Love Love mimosa


      コメント
      コメントする








         

      プロフィール

      instagram

      Instagram

      にほんブログ村

      お問合わせはこちら

      カテゴリー

      アーカイブ

      リンク

      サイト内検索

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM