棒針編みは、フランス式ですか?アメリカ式ですか?

            
  • 2016.09.28 Wednesday
  • 0

       

      棒針編みをする時、フランス式ですか?

      それとも、アメリカ式ですか?

       

      私は、主にアメリカ式で編んでいます。

       

      編み物の基礎本には、編み方は主に2種類あると出ています。

       

      糸を左手にかけるフランス式。

      ヨーロッパ式とも言いますね。

       

      もうひとつは、糸を右手にかけて編むアメリカ式。

       

      ヴォーグ学園では、フランス式で教えていると思います。

      そして、編み物をする方々を見ると、フランス式で編んでいる方が多いような気がします。

       

      あ、でも、私が行ってるヴォーグ学園のサロンは、私以外に2人がアメリカ式で編んでるなー。

      今までのクラスにはいなかったから、ちょっと珍しいですね。

       

      私も、棒針編みを覚えた時はフランス式でした。

       

      ある時、アメリカ式の編み方を知って練習してみました。

      こういう練習って燃えちゃうタイプ(笑)なので、結構頑張った。

      そうしたら、きれいに編めるようになった気がして、アメリカ式に変更したというわけです。

      あくまでも当社比ですけど( ̄▽ ̄)

       

      特に、裾や袖口のゴム編みは、私の場合アメリカ式の方がきれいにできます。

      慣れかな?

      糸の引き加減かな?

       

      で、なんでこんなことを書いているのかというと・・・

       

      最近、フランス式で編むことがちょいちょいあるからです。

       

      先日出来上がったボランティアニット用マフラー

       

      IMG_3028.JPG

       

      こういう、延々とゴム編みをする物は、フランス式の方が早い気がします。

       

      アメリカ式だと右手に糸をかけているので、表編みと裏編みが交互にあると、糸を手前にしたり向こう側にしたりがせわしないのです。

      いちいち動作が大きいの。

      裾や袖口くらいならそんなに気ならないけど、120僂睚圓爐箸覆襪汎阿にムダがあり過ぎる?!

       

      昨日まで編んでいた変わりゴム編みのマフラーもそうです。

      これ↓

       

      IMG_3031.JPG

       

      表編み3目、裏編み1目を繰り返すからねー。

       

      かのこ編みもフランス式の方が、無駄な動きがなくて早いですね。

       

      久しぶりにフランス式で編むと、最初は違和感があるけど、編んでいるうちに慣れてきました。

       

      フランス式とアメリカ式。

      編地の途中で変えるのは、手加減が変わる可能性があるのでダメかなと思いますけど、

      編地によって使い分けるのは良いのかもしれません。

       

      そして、もうひとつ。

      生徒さんに見せるためには、フランス式で編みます。

      フランス式で編む生徒さんにとっては、同じ編み方の方がわかりやすいですよね。

      もちろん、アメリカ式の生徒さんにはアメリカ式でね。

       

      ということで、しばらくフランス式の練習もしようっと。

      ボランティア用マフラーをもう1本編むつもりだから、ちょうど良かった。

      (^_^)v

       

       

      トーカイ武蔵藤沢店で講習を行っています。

      『手編みレッスン』については、こちらをご覧ください。→

       

       

      お読みいただきありがとうございます。

      よろしければ、クリックお願いします。

      にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物教室・販売へ
      にほんブログ村

       


      人気ブログランキングへ

       

      インスタグラムやってます♪

       


      コメント
      コメントする








         

      プロフィール

      instagram

      Instagram

      にほんブログ村

      お問合わせはこちら

      カテゴリー

      アーカイブ

      リンク

      サイト内検索

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM